持つべき服の9割はベーシックなものがいい ベーシック編

前回のトレンド編の続きです!
洋服選びが苦手な方をイメージしてつづっています!

 

 

ベーシックな服ってなに?

そもそもベーシックな服って一体なんだろう?から入りますと、洋服の基本や土台という意味。
つまり上半身と下半身それぞれに身に着けるトップスとボトムスのことです。
さて、上半身と下半身用にはどんな洋服があるかだしてみます。

 

上半身に着る洋服

・カットソー(TシャツやロングTシャツのこと)
・シャツ(半袖、長袖の前をボタンで留めるもの)
・羽織(カーディガン、ジャケット、パーカーなど)

 

下半身にはく洋服

・パンツ(半ズボン、長ズボンのこと)
・スカート

 

最低限の洋服を分類(カテゴリー分け)してみました。
まさにこれがベーシックな服だと思います。
ちょい足しすると、その中でも黒や白、グレー、カーキなどの落ち着いた色味をイメージしてみて下さい。

ワンピースやジレ(ベスト)、ビスチェなどの分類に入れていない物は、男性はほぼ着ないアイテムなので今回のベーシックな服には入れません。

 

 

 

ベーシックな服はコーディネートしやすい

上記のベーシックな服で出した通り、洋服の分類はこんなもんです。
コーディネートとは、これらを組み合わせればいいだけなんです!
(当たり前のことでしたね...)

 

みなさんはお手持ちの洋服を上記のカテゴリーに分けた時に、それぞれバランスよくお持ちですか?
多く持っているカテゴリーがあれば、それはきっと好きで、つい買ってしまうものなんでしょう!!
私の場合、圧倒的にパンツ(デニムなんです)が多く持っていました。

 

 

持っている洋服を分類することで買うべきアイテムが分かる

◆少ないカテゴリーの洋服を見た時に、あまり着ることのないものは今後買い足す必要はありませんよね。
例えば...唯一持っている、このシャツ今年全然着てないな~。
→なら、シャツというカテゴリーは着用頻度が少ないから、買わなくていいか!とか。

 

◆また、少ないカテゴリーの洋服を見た時に、着用頻度が多いものは買い足してもいいものでしょう。
例えば...このカーディガンいつも着すぎて毛玉がたくさん。
→なら、この代わりになる様なカーディガンや羽織を買ってみよう!

 

◆もしくは沢山もっているカテゴリーも、早急に買い足す必要はありませんよね。
例えば...デニムばっかり持っているわ。だから毎日似たようなコーディネートなんだわ。
→なら、デニムはしばらく買う必要はないわね。

 

そうなると、自ずと必要な洋服も見えてくると思います。

 

 

 

 

ベーシックカラー同士は相性が良い

ベーシックな洋服は黒や白、グレーやカーキなどの落ち着いた色味をイメージしてくださいと書きましたが、これらのカラーは相性がとても良いです!

なので色同士の組み合わせに迷うことも少ないでしょう。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

room11(@room11_store)がシェアした投稿

 

こんなスタイル私、年がら年中してます!笑

そして4,5年同じ洋服着ていますが、遅れてるー!ださー!って感じしないですよね。ね?ね!!!
きっとそうであると信じていますが、ベーシックな服はシンプルですが息の長い良い点もあるのです。

 

ただ、長く同じ洋服を着るためには多少の努力は必要です。
・毎日同じ洋服を着ない(たまに休ませる)
・正しい洗濯方法で行う
・正しい保管方法をする

 

大切に扱うからこそ、愛着がわく。
愛着があるからこそ、大切に扱う。
なんだか精神論になってしまいそうなので今回はこの辺で...。

 

 

関連情報

ヨーロッパブランドセレクトショップ | room11

ヨーロッパブランドセレクトショップ | room11

ヨーロッパを中心に直接買い付けを行い、厳選された洋服・アクセサリーをセレクト。
現代のお洋服や小物の商品が日常に溢れかえっている中で、
「愛着がわくモノを長く愛用したい...」「身に着けることでワクワクできるモノがほしい...」
そんな期待に応える、素敵な海外ブランドと皆様をお繋ぎするセレクトショップです。

屋号 agate
住所 〒981-0931
宮城県仙台市青葉区北山2丁目6-1
営業時間 10:00〜17:00
不定休
代表者名 佐藤 真美 (サトウ マミ)
E-mail info@agate0205.com

コメントは受け付けていません。

特集